Kosuke's Blog

スポーツ、芸能、政治などジャンル問わずこーすけ流に切っていきます

清宮幸太郎の進路/不振の中田翔…

こんばんわ。こーすけです。

 f:id:sayaharu7:20170915225020j:image

今日は2つのテーマについて話して行きます。

1つ目は、何かと話題の清宮幸太郎選手の進路について考えて行きます。結論から言えば本人が決めることなのでどちらに行っても彼が将来プロ野球で活躍している姿が見れればどちらでもいいです。

 

もし、高卒からプロ入りするならば間違いなくパ・リーグへ行くべきです。DH制で打撃に専念もできるし彼が仮に守備にもつきたいと言うならば両方できるしメリットは多いのではと思います。それに育成力に関しては圧倒的にパ・リーグ球団がいいので是非来て欲しいです。ただ、彼自身DH制自体得意としてないのでセ・リーグでも問題ないかなと思います。

 

もし、大卒からプロ入りするならば大学野球で4年間守備を鍛えてスカウトの評価もそれなりにあげられればどちらでも構わないのでは、そう感じます。ただ、早実卒の大卒の選手はあまり即戦力になっているイメージがないですし斎藤佑樹投手が象徴的ですがケガが怖いのもあります。

 f:id:sayaharu7:20170915225042j:image

2つ目は、今シーズン極度の不振の中田翔選手です。10日、12日と2日連続でスタメン落ちの主砲で打率も恐らく両リーグ同率ワースト1位。.204。下から数えたほうが分かるほど今シーズンはプロ生活の中で最低の成績です。

 

また、阪神の藤浪投手同様WBCに選抜され出場機会はほぼなかった2人が国際球とNPB球の対応に苦労したせいか、今シーズンは不振に。

 

中田選手は正直イマイチよくわかりませんが、少なくとも移籍はないとは思います。

(球団は構想外と言っておりますが…)

藤浪投手に関しては、2年前の4月の広島との試合で打者の黒田投手に内角攻めをした後の3球目にデッドボールを当て両軍一触即発に。首脳陣はこれがきっかけと言われてますが、勝手な推測ではありますがこれが決定的な原因ではないかと思います。シーズン終了後の成績見ると14勝(7敗)で、2016年7勝(11敗)と負け越すも死球は8個とそうでもないです。たまたま2017年シーズンが始まって早々多いだけなのでは、そう感じます。じゃあこーすけが考える原因はって聞かれたらプレミア12で監督を務めた小久保ジャパンの首脳陣になにかトラウマのきっかけがあると推測します。投手コーチかな?

 

以上、こーすけでした。ここまで記事を読んでいただきありがとうございました。もしよかったらいいねコメントよろしくお願いします。

@infinity441