Kosuke's Blog

スポーツ、芸能、政治などジャンル問わずこーすけ流に切っていきます

みんな騙されてる?松居一代の告白

こんにちは。こーすけです。

 

いま旬な話題の大物YouTuber・松居一代さんについて、一つ異議?というより報道されていない事実を話していきます。

 

f:id:sayaharu7:20170707224043j:plain

現在、松居一代さんが船越英一郎さんと成田美和さんのと不倫、100mlのバイアグラを使い性行為に及んだことが報じられています。

 

このことに関して、成田美和さんもこの報道に関して聞かれたくないことからブログを削除し海外に逃亡も噂されてます。一方、夫の船越英一郎さんは騒動後、NHKの番組で意味深な発言をしているとの話です。

 

もしこの話が事実であればもちろん泥沼離婚に発展する可能性はあります。ここまでは報道されている話です。

 

実は松居一代さん自身病気を抱えており、メディアで取り上げられていない松居一代さんの病気が今回の原因?となっていると推測します。

 

統合失調症

統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連する系列、情報処理・認知に関する何らかの系列にトラブルが起きているといわれています。

 

症状には2パターンある

*陽性症状

 急性期に生じる患者さんの感覚は「眠れなくなり、とくに音や気配に非常に敏感になり、まわりが不気味に変化したような気分になり、リラックスできず、頭のなかが騒がしく、やがて大きな疲労感を残す」、あるいは「自分のことが周囲の人に 筒抜つつぬけになり、常に人から見張られていて、悪口を言われ非難中傷されている」というような体験のようです。

 誰も何も言っていないはずなのに、現実に「声」として悪口や命令などが聞こえてしまう「 幻聴げんちょう」や、客観的にみると不合理であっても本人にとっては確信的で、そのために行動が左右されてしまう「 妄想もうそう」といった症状が代表的です。

 これらの症状を「陽性症状」と呼びます。陽性症状は、安心感や安全保障感を著しく損ない、一度、症状が現れるとそこからの回復過程は緩やかで、十分な時間を必要とします。

 

陰性症状

 一方、根気や集中力が続かない、意欲がわかない、 喜怒哀楽きどあいらくがはっきりしない、横になって過ごすことが多いなどの状態として現れるものがあります。「一見、元気にみえるのに、なぜか仕事や家事が続かない」といわれるような状態です。

 また、込み入った話をまとめてすることが苦手になったり、会話を快活に続けることに困難を感じたり、考えがまとまらなかったり、話が飛びやすくなったりして、しばしば、自分でいろいろなことを決めて生活を展開していくことが大変難しく感じられます。

 これらの症状を「陰性症状」と呼びます。陰性症状は、なかなか症状として認知されづらく、怠けや努力不足とみられてしまう場合があります。

 陰性症状を「症状」と理解して対応しなかった場合は、生活上のさまざまな失敗や挫折を招くことが多く、生活をしていく自信や「自分はやれている」といった自己効力感を損ないやすくなります。これが、リハビリテーションをしたり、社会生活を維持するうえで要点となるところです。

 

参考文献

https://medical.yahoo.co.jp/katei/040309000/?disid=040309000

 

難しいこと言えば、こんな感じ。

この病気に関しては、若い世代に多いと言われてはいますが実際のところそう珍しい病気ではなく100人に1人かかっていると言われています。松居一代さんの場合、見ての通り明らかに陽性症状です。

 

早急に・・・

とりあえず早く治療してほしいです。今でさえ船越さんと全面戦争だとかブログで変な写真をアップしていたりなど見ている側としてはテレビに出る人がやることではないと思います。親友や知人の方もなぜなにも言わないのか不思議です。

 

以上、こーすけでした。もしよかったらいいねコメントお願いします。

Twitter@infinity441

ホットペッパーグルメ