こーすけの色々ブログ

スポーツ、芸能、政治などジャンル問わずこーすけ流に切っていきます

勝手に!?〇〇ランキング #1 後編

どうも。こんばんわ。こーすけです。

 

今回は前回の続きを書いていきます

 

前編を見てない方はこちらから。

 

では、早速やっていきましょう

 

第7位 横浜DeNAベイスターズ

 

f:id:sayaharu7:20170521223313j:plain

 

ラミレス政権のチームは、昨年Aクラスと

 

年々徐々に結果を出しつつあるチーム。

 

梶谷選手や筒香選手、投手では井納選手、山崎と

 

有名な選手が多数。

 

中でも注目なのが今永選手

 

f:id:sayaharu7:20170521223327j:plain

今年2年目のルーキーは、ルーキーイヤーの2016年から

 

チームの先発の柱として活躍。

 

8勝9敗とルーキーにしては上出来。

 

投手の中では177センチと小柄ながら伸びのあるストレートが持ち味。

 

総合力としてはまだまだだが、着実に年を重ねるごとに

 

成長しているチームなので今後も注目していきたい

 

第8位  中日ドラゴンズ

 

f:id:sayaharu7:20170521223339p:plain

 晩年Bクラス傾向にあるチーム。

 

監督で全てが決まるのか不思議なくらい落合監督の偉大さは計り知れない

 

そんなチームでずば抜けた活躍をしてるのが又吉選手

 

f:id:sayaharu7:20170521223356j:plain

 

昨年までは中継ぎを務めていた変則右腕。今年は先発も務めるなど

 

意外性もある。正直な話、変則ピッチャーって中継ぎエースになって

 

プロ生活ずっとそんな感じでやっていくのかなっていう考えだったけど

 

先発としても活躍し、巨人の菅野にも近づくくらい防御率がいいので

 

変則ピッチャーも先発行けると確信しました。

 

 まぁバルデスも柱としてQSも達成しながら勝利できないことの多い

 

チームですが反撃ののろしはいつあってもおかしくないチームだと思います。

 

 第9位 西武ライオンズ

 

f:id:sayaharu7:20170521224633g:plain

 

年々どこにステイしてるかわからないチーム。

 

つまりBクラスにいてもシーズン終盤にかけて驚異の追い上げをして

 

Aクラスに飛び込んできたり戦力的には主力がケガで欠けても

 

それに勝ったプレーのできる選手がいるので期待したいところ

 

正直なところ、12球団で唯一これといっていいほど注目する選手いませんでしたが

 

しいていうならば、エース菊池選手。

 

f:id:sayaharu7:20170521225045j:plain

 

昨季オフのときにメジャー志望も考えていると発言した二刀流

 

注目の大谷選手の高校の2学年先輩。

今年はどの球種も安定した制球力。ソフトバンクにはまだ勝ったことはないが

 

次世代のエース候補である。

 

第10位 同率2チーム 千葉ロッテマリーンズ

          オリックスバファローズ

f:id:sayaharu7:20170521230107j:plain

 

 

f:id:sayaharu7:20170521230544j:plain

守備のロッテ、打撃のオリックスとどちらかはかけているチーム同士

 

ロッテに関してはエースでさえ撃ち込まれてるし、前回登板の日本ハム戦では

 

自身初の1試合6被弾と投壊模様。

 

対するオリックスは4月途中まで快進撃をみせ、一時2位まで上り詰めたチームだが

 

ロメロ離脱後、チームは下降気流気味。

 

そんな2チームの注目選手はこちら。

 

ロッテはベテラン井口選手。

f:id:sayaharu7:20170521231328j:plain

 

オリックスはこちらも離脱中の吉田正孝選手。

f:id:sayaharu7:20170521230022j:plain

 

井口選手に関しては40歳を超える中でも肉体的にもしっかりしており

 

今でも主力として活躍している選手。そんななかでこの大ベテランが

 

上昇気流をつくるきっかけづくりをしてほしいところ。

 

オリックスはこちらは2015ドラ1選手。

 

昨年はルーキーながら63試合に出場し、1軍選手相手に持ち味のパワーを見せつけた

 

今年はさらにみせていきたいところ。

 

圧倒的最下位は巨人!

 

f:id:sayaharu7:20170521231958j:plain

昨季オフのFA選手刈りで3人もゲットしたが結果としてみな2軍以下へ

 

山口に関しては3郡でリハビリ中。唯一1軍で出ていた森福も降格。

 

金はあるけど育成はくそその一言です

 

ただ巨人2軍監督さんはすごい・・・。名前は忘れた・・・。

 

その中で注目が2vs2の日本ハムとの大型トレードで手にした石川慎吾選手

 

f:id:sayaharu7:20170521231947j:plain

 

移籍後いきなり実戦でホームランを放ち、現在は1軍に帯同。

 

巨人に新しい風が吹くと言われている選手のひとり。

 

いかがだったでしょうか。

今回字数もかなり多くなってしまい2部に分けました。

 

思いついたテーマ自分が得意なテーマではじめはやってみましたが

 

意外と大変でした。次回はこういう大きな記事になる場合は前もって作っておく

 

ならない場合は短くするな前もって考えてつくっていきます

 

ではきょうはこのへんで。

 

いいね、コメントお待ちしております

こーすけでした